施設紹介

施設紹介

上野エコセンター

管理事務所

廃棄物が処分場に搬入される際の搬入管理や受付、計量等を行っています。搬入口には警備員を配置するとともに、構内に充分な駐車スペースを設け、公道に待機車両が駐車しないように配慮しています。

管理型処分場

当社の管理型最終処分場では、埋め立てられた廃棄物を安全に貯留する機能,浸出水が流出しないように遮水する機能,微生 物・水・空気によって廃棄物が安定化する機能があります。当社では、これらの機能を適正に維持するための徹底した管理を行っています。また、廃棄物安定化の際に発生する埋立地ガスによる悪臭被害を防ぐために、当社独自の自己燃焼式脱臭装置を設置する等、良好な周辺環境を維持していくための対策を随時実施しています。

混練造粒施設

廃棄物分析結果をもとに添加剤等で混練処理し、成分調整および改質することでの建設資材等へのリサイクルと、最終処分の前処理として飛散防止・安定化を図っています。
併設した前処理設備では100mm以上の廃棄物を選別除去後、磁力選別機で金属を回収しています。さらに10mm以下の廃棄物のみを選別することで、混練造粒機の安定運転と精度の高い混練造粒物を製造することができます。

圧縮施設

この施設は、油圧式圧縮減容機を導入しています。圧縮されたベーラー品のサイズは、高さ1,000mm×幅1,000mm×奥行1,400mmで、1個の重量は約400kg~1,000kgです。ベーラー品は燃料利用等にリサイクルされ、リサイクルが難しいものは自社処分場で最終処分をしています。

選別施設

混合廃棄物を磁力選別・手選別ラインにより分別し、資源物の回収と不適物の除去を行ないます。分別された廃棄物についてはそれぞれに合わせたリサイクル及び適正処理を行ないます。

破砕施設

リサイクルが可能な廃棄物についてはリサイクルの受け入れし易い性状 に、またリサイクルできない廃棄物についてはゴミの減容化や埋め立て基準を満たすために破砕を行ないます。

RPF化施設

選別施設などで分別された対象物は全て破砕機にて35mm以下に破砕された後、定量供給機へ送り込まれ、減容固化機へ供給されます。減容固化機では回転時の摩擦熱によりRPFを製造します。完成したRPFは冷却機で一定時間空気冷却を行い、防火設備の完備されたヤードで保管されます。製品は化石燃料の代替材として使用され ます。

がれき類等破砕施設

主に建設工事等から発生するがれき類や、建設資材を製造している工場から排出されるガラスくず・陶磁器くず・コンクリートくずを破砕、分級し、再生砕石(RC)などの建設資材を製造します。

水処理施設

処分場に降った雨は、廃棄物の中を浸透して汚れた水となって出てき
ます。
水処理施設とは、この汚れた水(浸出水)を環境へ影響の出ないキレイな水に処理する設備です。
当社の水処理施設は、通常の生物処理だけでなく、真空蒸発濃縮装置や、逆浸透膜純水装置(RO)などの高度処理を行うことで、国・県の定める水質規準よりもはるかに厳しい自社基準を設定し、環境への影響に配慮しています。

セミナーハウス

施設見学されるお客さまとの商談スペースの他に、当社の事業紹介パネルやリサイクル製品の展示スペースも併設しています。

石川安定型処分場

性状が安定している廃棄物(廃プラ・ゴムくず・金属くず・がれき類・ガラス陶磁器くず)が対象となる安定型最終処分場で、公共の水域及び地下水を汚染する恐れのある浸出水や埋立ガス・悪臭を発生しません。

ページトップへ

施設見学

施設見学の詳細はこちら

よくあるご質問

情報公開

  • 上野エコセンター
  • 廃棄物処理ソリューション
  • リサイクルの取り組み
  • 環境対策・社会貢献活動
  • お見積り・お問い合わせ
  • マネジメントシステム
  • 物流提携企業
  • 会社案内
  • アクセスマップ