施設紹介

施設紹介

RPF化施設

特長

選別施設などで分別された対象物は全て破砕機にて35mm以下に破砕された後、定量供給機へ送り込まれ、減容固化機へ供給されます。減容固化機では回転時の摩擦熱によりRPFを製造します。完成したRPFは冷却機で一定時間空気冷却を行い、防火設備の完備されたヤードで保管されます。製品は化石燃料の代替材として各種昇温材、還元剤やボイラー燃料などに使用されます。

概要

施設の種類RPF化(圧縮減容化)施設
設置場所三重県伊賀市治田字シデノ木2441番地の5、2441番地の9、2441番地の11
設置年月日平成16年7月23日
処理能力10.3t/日(Φ8mmRPF) 19.7t/日(Φ30mmRPF)
処理方式圧縮減容機
取扱廃棄物廃プラスチック類・紙くず

①定量供給機

破砕機にて35mm以下に破砕された後、定量供給機に送り込まれ、減容固化機へ供給されます。

②減容固化機

定量供給機から供給された対象物は、減容固化機の回転時に発生する摩擦熱により、RPFに成型されます。

③サイロ冷却機

完成したRPFは冷却機で一定時間空気冷却を行い、製品化となります。製品は製紙工場や鉄鋼所へ出荷します。

④RPF製品(Φ8mm)

RPFは品質が安定しており、エネルギー量のコントロールも容易でハンドリング性にも優れたリサイクル製品です。

ページトップへ

施設見学

施設見学の詳細はこちら

よくあるご質問

情報公開

  • 上野エコセンター
  • 廃棄物処理ソリューション
  • リサイクルの取り組み
  • 環境対策・社会貢献活動
  • お見積り・お問い合わせ
  • マネジメントシステム
  • 物流提携企業
  • 会社案内
  • アクセスマップ