NEWS&TOPICS

0000-NEWS&TOPICS

2017年02月26日 - 第4回・ヤマゼンフレンドカップで大歓声

2017年も滋賀レイクスターズBリーグの「第4回ヤマゼンフレンドカップ」が盛大に開催されました。東京戦のエキシビジョンマッチで、秋田戦が2月4・5日、準決勝、決勝戦が2月25・26日です。
㈱ヤマゼンは、滋賀レイクスターズのパートナー企業として特別協賛しています。未来のプロバスケット選手の育成を応援しようと始めました。
準決勝、決勝戦は大津地域のミニバスチームと、県内強豪のミニバスチームによる戦いです。
結果は、男子「草津OSC」、女子「瀬田スポーツ少年団」が優勝を決めました。おめでとうございます!

集合写真
優勝 MVP女子

■優勝チーム                    ■大会MVP
男子の部....草津OSC 女子の部....瀬田スポーツ少年団  男子....辻航大選手(草津OSC) 女子....種子田真湖選手(瀬田)

2017年01月28日 - スノーボードチーム「YAMAZEN ROCK THE KIDS」遠征

弊社が応援しているスノーボードチーム「YAMAZEN ROCK THE KIDS」のメンバーが、1月28日開催の第3回宮様ジュニア・スノーボード競技会と、第21回北海道スキー選手権大会・スノーボード競技(ハーフパイプ種目) に参戦しました。
皆木 蘭選手が、小学3・4年生女子の部で両レースともに優勝。大橋虹助選手が、小学3・4年生男子の部で宮様競技会3位、北海道大会5位と見事上位入賞を果たしました。
「子供たちは地域の宝」という考えのもと、「YAMAZEN ROCK THE KIDS」をはじめ今後も頑張る子供たちを応援します。

皆木選手 女子入賞者大橋選手男子入賞者

両レースともに優勝を果たした皆木 蘭 選手         3位・5位と上位入賞を遂げた大橋虹助 選手

2016年08月14日 - 豪雨を吹き飛ばし、地元・大滝地区夏祭りで大歓声

8月14日(日)、突然の夕立ち。たたきつける大雨と雷に肝を冷やしたものの、17時半頃にはすっかり治まり、伊賀市大滝(リサイクル事業計画用地所在地区)で予定通り恒例の夏祭りが開催されました。弊社は焼き鳥、ポップコーン、綿菓子、ハート型の風船の出店を雨後大急ぎで準備します。その甲斐あってか、引きも切らずに多くの方が並んで下さいました。イベントを締めくくる花火は、皆さん楽しみにして下さっている様子で、一発ごとに声が掛ります。花火が大きくなるにつれ歓声が大きくなり、高く上がるにつれ、拍手の音も高くなります。笑顔、また笑顔に我々も胸を熱くしました。盛夏を締めくくる思い出深い夜になりました。

屋台 屋台行列 綿菓子大人気

大輪の花火 花火に大歓声

2016年08月06日 - 夏本番! 地元・治田地区夏祭り盛大に

8月6日(土)、恒例の「治田夏の集い」が開催されました。例年、趣向を凝らしたイベントやゲームで参加者を大いに楽しませて下さいます。消防団のラッパ演奏に続き、今年は巨大風船の忍者君が盆踊りの輪に加わって子供たちは大喜び。 弊社はポップコーンや綿菓子、ハート型の風船を出店させていただき、多くの方が立ち寄って下さいました。祭りを締めくくる恒例の打ち上げ花火では、連発音と大きな歓声が重なり、拍手また拍手。大いに盛り上がりました。 楽しい時間を皆様と過ごすことができ、スタッフも感激しきり。本当にありがとうございました。

綿菓子 ポップコーン 綿菓子
歓声 打上花火

2016年07月30日 - 地元治田区・友愛クラブの歴史ウォーキングで弊社施設を視察

去る7月30日、地元・治田区「友愛クラブ」の皆さんが、歴史ウォーキングの一環で弊社施設を見学に来て下さいました。 当日は暑い中、第3期拡張処分場の作業風景をご覧いただいた後、名阪工業団地内の名阪エコセンターで最先端の分析設備と、昭和初期から使用している古い重機を展示した山﨑歴史博物館に足を運んで下さいました。 最先端の分析設備と昔ながらの堅牢な重機の不思議なコントラストに、皆さん興味津々でご見学下さいました。今後とも、開かれた施設運営を心掛けてまいりたいと思います。
友愛クラブ 第3期処分場 友愛クラブ・最新分析設備 友愛クラブ・重機前

2016年07月25日 - 災害廃棄物の処理等に関する基本協定書調印式に出席

災害時に発生するがれきなどの廃棄物処理の支援協定を伊賀市と締結しました。その調印式が去る7月25日(月)、伊賀市役所において実施され、基本協定書に署名しました。もし災害があった場合、伊賀市の要請に従い優先してその対応にあたるという内容です。同市がその協定を結ぶのは初めてだそうです。 同市の試算によると、震度6程度の直下型地震が起きた場合、家庭ゴミの20年分にあたる42万3000トンの災害廃棄物の発生が予想されるといいます。同市に拠点を置く弊社としては、より公共的な事業として自らの立場と役割を考え、地域のお役に立てればと考えております。
廃棄物処理支援協定
(写真提供・伊賀市)

2016年03月31日 - 石川安定型処分場・埋立終了

弊社・石川処分場(安定型処分場)が、2016年3月に埋立を終了しました。1998年7月から、地元能登地区や金沢市など石川県内はもとより、関東信越や東海近畿地区からも廃棄物を受け入れてきました。開設以来、毎月地元の方に施設の状況を見ていただくと共に情報交換を重ね、信頼関係を築けるに至ったのではないかと自負しております。
2007年3月の能登半島地震の際には、地元で発生した大量の震災ガレキの受け入れなど、地域の皆様と心を一つにし、ささやかながら支援させて頂きました。
ようやく町が落ち着きを取り戻した翌秋、町長室にお招きいただきました。多くの関係者がいらっしゃる中で町長自ら感謝状をお渡し下さった時には、 驚くと同時に緊張し、胸を熱くいたしました。
最終処分場の終了が近付くにつれ、地域の皆様から「寂しくなりますね」と暖かいお言葉をいただき、担当者一同感無量でした。
石川処分場

2016年02月13日 - 治田地区役員の皆様による平成27年度第2回視察

2016年2月13日(土)は天気にも恵まれ、治田地区区長はじめ4名の役員の方々にご参加いただき、平成27年度第2回目の施設の視察を行いました。
本年度は、かねてより進めてきた上野エコセンター最終処分場の第3期拡張工事が完成し、本格的に埋立を開始ししています。埋立の進む処分場の現状などをご覧いただく中で、熱心に説明をお聞き下さいました。さらには名阪工業団地内の、弊社グループ会社が運営するリサイクル施設もご見学いただきました。
第2回視察

2015年08月14日 - 地元・大滝の夏祭り盛大に

8月14日、弊社・大滝リサイクル事業計画用地のある三重県伊賀市大滝で夏祭りが開催されました。ご協力させていただくようになり今年で10回目を数えます。長きにわたって良い関係を継続させていただいている歴史を改めて振り返ると、感慨深い思いがいたします。今回は綿菓子、ポップコーン、ハート型アルミ風船、焼き鳥の出店、花火でご協力させていただきました。恒例の連発花火では歓声と拍手が鳴り止まず、「感動して涙が出てきた」と言っていただく場面などもあり、我々も胸が熱くなる、思い出深い夏祭りになりました。
花火 大滝夏祭り
花火鑑賞.JPG

2015年08月08日 - 地元・治田地区夏祭り和気あいあいと

8月8日、地元・三重県伊賀市治田で「治田夏のづどい2015」が開催されました。この夏祭りは地域の人に楽しんでもらうだけでなく、災害時に地域全体で協力できるよう絆を強める目的もあり、5年前から実施されています。微力ながら弊社もポップコーンや綿菓子、ハート型アルミ風船などの出店や花火でご協力させていただきました。金魚すくいや大おみくじ、スイカ割り大会など楽しいイベントが盛りだくさんで、地域の皆さんの元気なダンスには小社スタッフも参加させていただき、大いに楽しい時間を過ごしました。最後の花火では多くの歓声と拍手をいただき、喜びもひとしお。心が温かくなる夏になりました。
夏のつどい 花火 花火鑑賞

2015年07月11日 - 治田地区役員様による平成27年度第1回視察を実施

去る7月11日(土)、ヤマゼン本社がある伊賀市治田地区の役員様に弊社施設をご覧いただきました。本年度第1回目の視察で、区長はじめ新役員の皆様がご参加下さいました。「第3期拡張処分場」に埋め立てを開始している状況をご説明すると共に、施設内部をご覧いただきました。また、グループ会社・山﨑砂利商店が運営する「名阪エコセンター」も視察いただいております。今後とも地域の皆様にご納得いただけるような取り組みを続けてまいります。
第1回視察

2015年05月30日 - 奈良県斑鳩町主催ごみ減量フェアに本年度も出店

法隆寺がある世界遺産の街・奈良県生駒郡斑鳩町は、ゴミの減量やリサイクルの推進に積極的で、長い年月をかけて成果を挙げておられます。そうした活動の一つ、毎年恒例の「いかるがの里クリーンキャンペーン」が2015年度も盛大に開催されました。
晴天に恵まれた5月30日(土)、早朝7時半から町民の皆さんはもとより、一般の方々も参加しまずはゴミを集めます。美しい古都はそうした個々の意識と力によって保たれているといっても過言ではないでしょう。
その後「ごみ減量フェア」が実施されました。年を重ねるごとに参加者が増え、今回は3000人をはるかに超える来場者でにぎわいました。
例年通り、弊社はブースを出店しご協力させていただいております。先着150名様で準備したきんちゃく型のオリジナル・エコバッグは大変ご好評いただき、あっという間になくなりました。最終的には200名近い方が当ブースに足を運んで下さっています。また私どもの取り組みや、「プラスチック類」の再生商品についてなどたくさんのご質問をいただき、リサイクルに対する意識の高まりを一層実感しました。

いかるが-2.JPG いかるが-1.JPG

2015年05月20日 - 京都府更生保護協会への寄付に対する感謝状受領

「犯罪や非行のない社会」を目指し、「社会を明るくする運動」など、積極的に取り組んでおられる京都府更生保護協会の活動に賛同し、微力ながらご協力させていただくことにいたしました。安全で安心して暮らせる社会づくりに少しでも役立てていただければという思いからです。
平成27年5月20日、法務大臣よりその感謝状を頂戴しました。今回いただいた感謝状を一層の励みとし、今後もできる限り地域社会に貢献する所存です。
感謝状受領感謝状
法務大臣よりの感謝状を拝受(左)

2015年02月21日 - 治田地区役員の皆様による平成26年度第4回視察の実施

春の到来を感じさせる絶好の快晴の中、2015年2月21日、地元治田地区役員の皆様による第4回視察を実施いたしました。今回は「第3期拡張処分場」に加え、グループ会社・山﨑砂利商店が運営する「名阪エコセンター」をご覧いただいております。第3期拡張処分場では全面仕上がった底盤部をご確認いただき、堅牢な遮水設備に改めてご納得いただきました。リサイクル資材の加工を行っている名阪エコセンターでは、木材チップやフラフ燃料の製造過程をご説明しました。
本年度最後の視察を終え、小社事業に対する深いご理解を改めて感じ、心より感謝しております。
第3期拡張処分場底盤部
第3期拡張処分場底盤部
名阪エコセンター名阪エコセンター プラスチックリサイクル
名阪エコセンター・リサイクル施設

2014年12月28日 - 第2回「ヤマゼンフレンドカップ」盛大に

2013年、滋賀レイクスターズ(プロバスケットボールチーム)による「ヤマゼンフレンドカップ」が実現し、2014年10月18日~12月28日に第2回が開催されました。「夢ある未来を拓く」という山﨑砂利商店・ヤマゼングループの経営理念に則り、子供たちが夢を育めるような機会を提供したいという思いから特別協賛で応援しています。山﨑砂利商店の本社所在地・大津近郊のミニバスケットボールチームがトーナメントで競う大会です。今回は大津、草津の男女19チームが熱戦を繰り広げました。大歓声が飛び交うコートでのプレイやプロの試合を間近に見た選手達は大興奮。未来の夢を大きく膨らませているようでした。この大会を継続することによって、スポーツ文化の振興に寄与できればと願っています。


男子試合女子試合
all.jpg

2014年11月22日 - 治田地区役員様による平成26年度第3回視察

地元・治田地区役員様による平成26年度第3回視察会を、11月22日(土)に実施しました。まずは「第2期拡張処分場」へ。埋立て作業が終了した天端部分をご覧いただいた後、「第3期拡張処分場」の底辺部まで降りて施工状況を確認していただきました。施工中の底盤遮水部分については、遮水シートの堅牢かつ緻密な構造に感嘆の言葉さえいただきました。
また防災についての充実を図るべく、いざという時の協力体制を治田地区の皆様と協議しながら進めていく運びとなりました。
第3期最終処分場・第3回視察第3期最終処分場にて

2014年08月31日 - 地元・治田地区夏祭り盛大に

8月31日、地元・三重県伊賀市治田で夏祭りが開催されました。例年様々な企画でイベントを盛り上げておられる当地区では、今年も"よさこいソーラン"、"きじが台ダンスチーム"の踊りで華やかに幕を開けました。弊社はポップコーンや綿菓子などの出店と花火で彩を添えさせていただいております。屋台の隣に準備した数多くのハート型アルミ風船と遊ぶ子供たちの姿にスタッフも大喜び。また、多くの方から気軽にお声掛けいただき、時が経つのも忘れるほど楽しい時間を皆さんと過ごすことができました。
ヤマゼン屋台 風船

2014年08月23日 - 治田地区役員様による平成26年度第2回視察

地元の伊賀市治田地区役員様による視察会を去る8月23日に実施いたしました。第3期最終処分場から中間処理施設、水処理施設など順にご案内し、前回の視察以降、工事が進んでいる箇所を重点的にご覧いただいております。今回は、第3期最終処分場の第1工区が完成し同処分場が供用開始となったことをご報告すると共に、第2工区の進捗状況をご確認いただきました。また浸出水処理施設の新設備を詳しくご説明いたしました。
より安全性の高い処分場を運営すべく様々な挑戦をしていること、そして今後も真摯な取り組みを続けることを改めてお伝えしました。
逆浸透膜処理設備 逆浸透膜処理設備

2014年08月14日 - 地元・大滝の夏祭りに参加

弊社・大滝リサイクル事業計画用地のある三重県伊賀市大滝で夏祭りが開催されました。毎年8月14日が恒例のこの夏祭りへの協賛は、今年で9回目の参加です。準備を始めた午前中は雨が心配されましたが、夕方にはすっかり晴れ絶好の祭り日和になりました。今回は自分で作れる綿菓子、大盛りのポップコーン、ハート型のアルミ風船、焼き鳥を出店。大人から子供までたくさんの方にお運びいただき、皆さんの笑顔に暑さも吹き飛ぶ盛況ぶりで、我々とっても嬉しい一日になりました。
祭り 花火

2014年08月09日 - 上野エコセンター最終処分場第3期拡張工事竣工式

弊社上野エコセンターの最終処分場第3期拡張工事の完工に伴い、去る8月9日午前10時より竣工式を執り行いました。式典には来賓はじめ多くの皆様にご臨席いただき、弊社役職員とともにこの日をお祝いいただきました。神事は当地の氏神である「黒瀧神社」の宮司が祭司となり、無事の完成を感謝するとともに、処分場の堅固安全と弥栄を祈願いたしました。これを機に安全と安心を旨とし、役職員一同社業専一により一層努力してまいります。

式典 玉串奉奠

2014年07月02日 - 環境マネジメントシステム‐ISO 14001:2004を取得

2014年7月、株式会社ヤマゼン 本社・上野エコセンターと石川処分場において「環境マネジメントシステム‐ISO 14001:2004」を取得しました。これまでも、環境マネジメントシステムとしてエコアクション21を取得していましたが、今回、グループ全社において同ISOを取得したことにより、環境負荷の削減に向け、より効果的な取り組みができる体制になりました。株式会社ヤマゼンは、今後とも地域の皆さんと共により良い環境づくりを目指します。


 審査機関   BSIグループジャパン株式会社
 適用規格  ISO 14001:2004/JIS Q 14001:2004
 認証登録番号  EMS 587442
 認証登録範囲  上野エコセンター
  1.産業廃棄物・汚染土壌の収集運搬
  2.一般廃棄物・産業廃棄物の中間処理・最終処分
  3.汚染土壌の処理

 石川処分場
  1.産業廃棄物の最終処分
 有効期限日   2017年9月11日
ISO取得 上野エコセンター
ISO取得 石川処分場

2014年06月07日 - 治田地区役員様による平成26年度第1回視察を実施

去る6月7日(土)、ヤマゼン本社の在籍地・伊賀市治田地区の役員様による弊社施設の視察会を実施いたしました。当日はあいにくの雨ながら区長はじめ新役員の皆様8名全員がご参加下さいました。また、本年度第1回目の視察でもありましたので、すべての施設をご案内することにしました。「第3期拡張処分場」の建設現場や新しい設備を中心に、混練施設や水処理施設など順にご説明した際には熱心に耳を傾けて下さいました。施設見学後は質疑応答の場を設け、治田地区の皆様のご質問にお答えし、ご要望をうかがいました。最寄り・治田ICの清掃活動を続けてきたことに対する評価のお言葉をいただく嬉しい場面もあり、今後も地域の皆様と共に歩んでいきたいと改めて意を固くしております。

shisatsu2.jpgshisatsu4.jpg

2014年05月31日 - 奈良県斑鳩町主催ごみ減量フェアに本年度も出店

奈良県の古都・斑鳩町はゴミの減量、リサイクルにとても熱心で、活動の一環として毎年「いかるがの里クリーンキャンペーン」を実施しておられます。美しい郷土を守るべく、ゴミの減量やリサイクルの推進という意識を町民はじめ一般の方々にも持ってもらい、連帯感を高めようという参加型のイベントです。 本年度は5月31日(土)に開催され、ヤマゼンは今回も「ごみ減量フェア」にブースを出店するなど、ご協力させていただきました。ヤマゼンが産業廃棄物だけでなく一般廃棄物も取り扱っており、リサイクルに積極的である点を評価いただき、長くお付き合いが続いております。 当日は快晴で、約1000人の来場者でにぎわいました。ヤマゼンがブースに準備したきんちゃく型のオリジナル・エコバッグは大変ご好評いただき、大勢の人が来て下さいました。また、自分たちが選別して捨てている「プラスチック類」がどのような商品に再生されるのかなどたくさんの質問をいただき、大いに盛り上がりました。

ika7.jpg

ika6.jpg

2011年04月04日 - 産廃情報ネットが新しくリニューアルしました。

(財)産業廃棄物処理振興財団が運営する産廃情報ネットがリニューアルされました。

http://www.sanpainet.or.jp/

2010年08月26日 - 国土交通省より道路美化活動の感謝状をいただきました。

IMG_2166.JPG IMG_2166.JPG 当社が続けております名阪国道治田IC周辺の美化清掃活動に対し、国土交通省北勢国道事務所より感謝状をいただきました。

ページトップへ

施設見学

施設見学の詳細はこちら

よくあるご質問

情報公開

  • 上野エコセンター
  • 廃棄物処理ソリューション
  • リサイクルの取り組み
  • 環境対策・社会貢献活動
  • お見積り・お問い合わせ
  • マネジメントシステム
  • 物流提携企業
  • 会社案内
  • アクセスマップ