リサイクルの取り組み

リサイクルの取り組み

ゼロエミッションとは、廃棄物の発生を抑制し、社会全体で資源を有効に循環させることが基軸になると考えられています。ヤマゼンでは、循環型社会の形成に向けて規模や業種などの垣根を越えたネットワーク・サークルを構築することがもっとも有効な施策と考えています。そこで自社やグループ会社による自社処理だけに捉われることなく、お客さまの視点に立った最適なリサイクルプランニングでお応えするため、幅広いネットワークづくりにも力を注いでいます。

リサイクルソリューション事業

モノの性能が上がると共に廃棄物は多様化し、同じ品目でも大きさや材質によって処理方法は大きく異なります。ヤマゼンでは、あらゆる廃棄物処理のご相談にお応えするため、適正かつ効率的に処理できるさまざまな処理プランをご用意しています。




リサイクル製品事例

リサイクル技術の向上により、廃棄物はさまざまなリサイクル製品として生まれ変わっています。

RPF製品ガラスカレット
安定したリサイクル製品として、主に燃料代替材で製紙工場や鉄鋼所で利用されています。 ガラスは安定した素材であり、ガラス再生されるほかに骨材としても利用されています。
プラスチックペレット製紙・燃料チップ
廃プラスチックは樹脂ごとに分別しペレット化することで、付加価値の高い再生原料に生まれ変わります。 木くずはランク分けされ、無垢材は製紙原料になり、合板などは燃料チップなどに利用されています。
プラスチック2次製品焼却熱利用
再生樹脂から流通用パレット等に製品化されます。破損後のプロダクトリサイクルも実現できます。 リサイクルが難しい廃棄物も焼却処理時に発生する廃熱を利用するサーマルリサイクルが可能です。
再生骨材コンクリート2次製品
コンクリートガラ等のリサイクル品は、同品質を維持できることから公共工事では推奨されています。 不溶化処理することでコンクリートブロックなど、主に土木資材として利用されています。
路盤材肥料・堆肥化
下層以外に上層の路盤材にも多くの再資源化製品が使用され、安定した販路としても不可欠な分野です。 主に食品残さからは、微生物分解を利用した発酵、攪拌により高品質な堆肥や肥料を製造することができます。
再生油
使用済油は分離処理等を経て、品質規格に合わせた調整により再生油として出荷されます。

ページトップへ

施設見学

施設見学の詳細はこちら

よくあるご質問

情報公開

  • 上野エコセンター
  • 廃棄物処理ソリューション
  • リサイクルの取り組み
  • 環境対策・社会貢献活動
  • お見積り・お問い合わせ
  • マネジメントシステム
  • 物流提携企業
  • 会社案内
  • アクセスマップ